第14回 東方Project 人気投票

開催期間  ~ 

アルティメットトゥルース(100位)

ポイント:622点 | 得票数:573票 | 一押し数:49票 | コメント数:56件
継続投票率: 65.06%(83名中)
リストへ戻る

投票コメント

* 短い中に疾走感と切なさがある妖々夢のなかでも大切な曲(お紙)

* 速さと短さと盛り上がり方が桜のイメージともゲームの進行ともマッチしていて素晴らしい(アルテル)

* この曲が一押しから離れることってなさそうだよねってレベルで大好き(ハルシオ)

* 道中曲不動の1位(コケク)

* 短いフレーズの繰り返しだけど、ラスボス目前の盛り上がりと疾走感、少し感じる切なさが好き。(いしだたみ)

* 白玉楼がぶわっと目に浮かぶような(くらたち)

* 幽々子さまのテーマは三曲続けて聞きたい

6面の曲としてシンプルにかっこよかった(ゆっくり易者)

ラスト感を盛り立てる緊迫したイントロ、ボス登場にあわせて流れるピアノ、妖6面はこの曲があってこそ(TRWml)

真実へ近づいている感じにゾクゾクする曲(深石あき)

この曲からEDまでのドキドキ感は異常。初めてプレイしたときは泣きそうだった。(わよーん)

短いながら魅力が濃縮されてる。アレンジ含めて好き。(まりみょん流行れ)

ふつくしい(叶矢)

6面道中の最高峰だと思う 桜吹雪の激しい空を、極度の興奮と緊張を持ってプレイヤーは先を急ぐ 前方に異常に大きな桜の木を臨みながら... 「死霊の夜桜」との対比もまた美しいので、ぜひ聴き比べて欲しい(カミハテ)

これもまた、ラストに向かうまでの緊張感と感慨深さをよく示した一曲です(イブ)

道中曲では一番好き。こんな儚げでありながら勇ましくラスト感あってあぁもう好き(ヒツジ長)

妖々夢はここからの流れが最高(やぎ座)

横の桜との雰囲気よし。(幻夢黎)

はじめてラスボスに到達した時の熱い思い出補正もありますね(唐揚)

聞いてると時間を忘れる。(勇月)

シンプルだけど綺麗なメロディ。妖々夢の6面にはこの曲が欠かせない。(レモン☆)

サビの部分がとても妖艶で美しい(セイナ)

聴いてると内に秘める高揚を我慢できなくなる、アルティメットトゥルース~墨染~ボーダーオブライフの流れはガチ(noari)

きくおさんの「3小節のワルツ」、voidさんの「Truth or Tale」の素敵アレンジで好きになった曲(めんしえ)

道中曲最高峰な気がする(冥界の問題児)

妖々夢6面の中ではこれが一番(一文字)

ほとけには 桜の花を たてまつれ 我が後の世を 人とぶらはば この意味が素晴らしいです。感動します。(アストラ)

god of god(elpis)

綺麗な曲で好きです。(あーさん。)

疾走感がたまらない(コロン)

ゲーム内での桜の中を駆け抜ける主人公とバッチリあうスピーディーなテンポが良い…(流軌)

gazuaaaaaa(kk13)

畳み掛けるようなイントロ部分とその後のピアノがかっこいい。(いぐうあ)

神秘的で、アレンジが特に良い(東方lover)

この曲と一面桜の妖々夢6面道中のセットは魂さえ吸い込まれるほどに美しい(ブラック・ウィラ)

最終決戦前、満開の桜の中を少女たちが駆けていく感じ。すごく良い

妖々夢6面のはじまり。ここからの流れはいつまでも色褪せない。(シマ)

かなり隠れた神曲。何故評価されない…。派手さの中に淋しさが垣間見える素晴らしいの一言。(せろり)

泣いた曲の頂点。アレンジもさることながら原曲の表現する儚さは必聴。(純白アリス)

サビがかっこいい曲ナンバーワン(にしやま)

多分もうずっと好きだと思う曲。今年の春が待ち遠しい!(六倉)

もうすぐボスなんだと感じる曲

この曲を 初めて聞いた DDD また聞くたびに ”あら♡ いらっしゃい”(TF)

疾走感溢れる背景と曲の一体感が素晴らしい。(Nam)

ゆゆ様までの疾走感好き(インフルエンザ気をつけた方がいいよ)

ボス戦前の壮大な道中曲だと思ってる(よねヤス)

ボス前はこの曲が最高です。(飯栖担人)

ほんとかっこいいんだよ(あるくちゃん)

この曲の盛り上げが素晴らしい(ジーテ)

これからボスだという緊張感がひしひし伝わってくる

幽々子様を美しくさせる(ぽりか)

圧迫感もありながら、とても綺麗なメロディで最高。(おしりちゃん)

これ聞きながら妖夢の弾幕避けるの最高に脳汁出る(水素)

いよいよ異変もクライマックス、盛り上がりも最高潮に、という場面にこれほどふさわしい楽曲も珍しいでしょう(Cochma)

ステージ6で一番好きな曲です 演出も相まって最高のラストステージですね 高速で桜並木を駆け抜けていく感じが大好きです いや走ってないけど(ゆーつか)

地味に私はこっちが好き(つきのこ)